ネットでの誹謗中傷に対する対策を知っておく

ネットの書き込みで誹謗中傷だとわかったら

インターネットの書き込みで、自分が誹謗中傷されていると思ったら、どのように対策をとったらよいでしょうか。まずはその書き込みを削除してもらう必要があります。書き込みを削除する場合には、手っ取り早いのはそのホームページや掲示板の管理人に直接メールを送ることです。メールを送って翌日には削除されている可能性が高いです。ところが、それでも削除されない場合がありますがどうしたらよいでしょうか。この場合には、再びメールを送り様子を見ます。

メールの反応がない場合の対処法

メールを2回ほど送って一切反応がない場合は、弁護士に相談すべきです。弁護士が動き出せば大きく流れは変わります。まず弁護士としては誹謗中傷しているサイトの方に直接連絡をします。それでも問題が解決しない場合は、サーバーにアクセスをしてそのサーバーと契約している人の住所や名前を聞き出すことで解決を目指します。サーバーに連絡すれば契約者の名前は出ていますので、多くの場合ではその段階で解決すると思って間違いありません。

慰謝料請求をすることもできる

もし、なかなか削除してくれなければ慰謝料請求をすることもできます。こちらの要求に対して誠実に対応してくれれば問題ありませんが、なかなか削除しないような管理人に対しては損害賠償請求をすることもできます。損害賠償請求として慰謝料請求をする場合には、その書き込みと被害を受けた人の損害の因果関係を証明しなければなりません。これを証明するためにはそれなりの時間がかかります。ある程度お金がかかっても問題ないという人は慰謝料請求をしてみましょう。

検索順位を逆に下げる対策のことを逆SEOと言います。特定キーワードに関連するウェブを大量に作成し、検索サイトの評価を下げる方法が一般的です。