背景のカラーも読み易さに影響する!?読み易いホームページの作り方

文字数ばかり稼いでも全て読んでもらえるとは限らない

ホームページの充実は純粋に文字数に比例すると考える人も多いのですが、実際そこに訪れる人が注目するのは、すぐに見易い位置に自分の知りたい情報が簡潔な状態で配置されているかどうか?という事だけなのです。それゆえ、下手に長い文章が連なっていても多くの人は見る意欲を無くし、検索エンジンに示された他のサイトに素早く移ってしまうでしょう。単純に結論ありき、というホームページのデザインは確かに奥行きが無くつまらないものですが、だからと言って無用に文字数を重ね結論を引っ張りに引っ張る方法も、逆に飽きを招き易いという事を頭に入れておくべきです。

目の疲労に優しい配色をしているか?

ネットで興味ある事柄やブログの調べ物をしている人にとって、仕事や学業から帰宅したばかりの数時間は最高のひとときですよね。ですが残念な事に目の疲労はそのリラックスに追い付いていないケースが多いのです。今や仕事や学業でもパソコン端末を長く利用するのは当たり前、それらをこなしようやく帰宅した人々が興味あるサイトを発見したとしても、それが度を越してきつく派手過ぎる配色やデザインだとしたら、目の疲労が加速しすぐに閉じてしまう事でしょう。特に大人向けの趣味や話題を発信するホームページであれば意識して落ち着いた配色にし、疲れ目でも見易いデザインを心掛けるべきですよね。

背景はシンプルかつ暗色系の方が記事や写真が引き立つ

前述の目の疲労にも関わってくるのですが、背景が暗色系でゴチャゴチャしていないデザインの方が記事や写真を美しく引き立たせ、読み易く訴えるホームページとなり易いのは確かです。特にアウトドアやネイチャー系のサイトではその傾向が強く、覚えておいて損は無いでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、CSSのメディアクエリというものを使ってデバイスの大きさごとに見た目を変える手法です。